オーダー家具

三重県の木を使ってオリジナルの家具をつくる

三重県の木を、主にヒノキと杉を使用してオリジナルのオーダー家具製作をしています。

ヒノキは伐採してから200年かけて強くなり、その後1000年かけて徐々に強度が落ちていくと言われています。その根拠は、実際にヒノキで建てられた法隆寺や薬師寺の塔にあり1300年経った今も維持されています。スギは、日本だけの木(日本の固有種)で学名を「クリプトメリアヤポニカ」と言い、これはラテン語で「日本の隠れた財産」という意味です。正倉院の宝物は杉の箱に収められ保管されたことで保存機能にも優れていると考えられています。縄文時代早期から日本人の暮らしの中に多く使われていたことも知られていて、スギは日本人と共に歩み、日本の文化を支えてきた木と言えます。

そんな日本人になじみの深いヒノキ・スギを利用することで、山は保全され未来の環境をつくっていける…これは地球にとって素晴らしい活動ではありますが、使われる方にとっては、結果論で良いと思っています。本当に「欲しい!」「カッコ良い!」と思えるようなモノ・価格でなければ意味がありません。

オリジナル家具の良いところは、欲しい寸法の家具が手に入れられること。オーダー家具は高いイメージがありますが、デザインをシンプルに、地域の材料を使えば比較的コストを抑えて製作できます。それを本物の木で、私たちのなじみの深い地元の木で製作しています。

ブルックで特に人気のある家具は、ダイニングテーブルです。天板はヒノキ、もしくはスギで脚元はアイアンです。デザインもシンプル。天板の無垢の木(本物の木)が無二のデザインになっています。室内で使用すれば天板は100年持ちます。結婚、新築、買い替え…様々なきっかけで購入したヒノキのテーブルが、代々受け継がれることになります。

三重県の木を使ってオリジナルの家具をつくりませんか?思った以上にたくさんの意味があって、きっと未来につながってくれます!